新生堂オンラインショップ

\ 3,000円以上(税込)で送料無料!/

31634
2
【第1類医薬品】ドゥーテストLHII 7回分
https://web.sinseido.co.jp/products/detail.php?product_id=31634
<p>一般用検査薬<br /> 排卵日予測検査薬<br /> 一般用黄体形成ホルモンキット<br /> <br /> 排卵日を事前に把握することの重要性<br /> 妊娠は卵子と精子が互いに生存している時期に出会うことから始まります。女性の体内での精子の生存期間が約2~3日であるのに対し、卵子は排卵後、約24時間しか生存しないといわれています。従って、排卵の前又は直後の性交が最も妊娠しやすく、妊娠を望む上で排卵日を事前に把握することはとても大切なことです。<br /> <br /> 排卵日がわかるしくみ(測定の原理)<br /> 黄体形成ホルモン(LH)は、女性ホルモンの一種で、普段から少量分泌されています。生理(月経)周期の中頃に短期間ですが、このLHの分泌量が急激に増加します。このLHの大量分泌をLHサージといい、LHサージから約40時間以内に排卵がおこるといわれています。「ドゥーテストLHII」は尿中に分泌されるLHを検出し、LHサージをとらえるための検査薬です。排卵を予測するための方法の一つとして基礎体温が知られていますが、基礎体温と併せて検査を行うと、より排卵日の予測の補助として有用です。<br /> <br /> この検査薬は、LHサージを検出するもので、排卵を確認するわけではありません。6周期検査し、適切な時期に性交しても妊娠しない場合は、医師の診療を受けてください。<br /> <br /> 妊娠しやすい時期とは?<br /> 女性の体内では色々なホルモンが分泌されていますが、その中で排卵を引きおこすのが黄体形成ホルモン(LH)です。LHは普段から少量分泌されていますが、排卵前に分泌量が急激に増加します。(これをLHサージと呼びます。)<br /> 「ドゥーテストLHII」はこの尿中LH濃度の変化をとらえて、妊娠しやすい時期(排卵日)を事前に予測する検査薬です。<br /> 使用目的<br /> 尿中の黄体形成ホルモン(LH)の検出(排卵日予測の補助)<br /> キットの内容・成分・分量・検出感度<br /> 【内容】テストスティック1本中<br /> 成分・・・分量<br /> 金コロイド標識抗黄体形成ホルモン・モノクローナル抗体(マウス)・・・3.68&mu;g<br /> 抗黄体形成ホルモン・モノクローナル抗体(マウス)・・・0.49&mu;g<br /> 抗マウスIgG・ポリクローナル抗体(ウサギ)・・・0.49&mu;g<br /> 【検出感度】30mIU/mL<br /> 使用方法<br /> [検査のタイミング]<br /> ご自分の生理(月経)周期から換算して、次の生理(月経)開始予定日の17日前から検査を開始してください。<br /> ※すでに検査開始日を過ぎてしまった場合は、次の周期にあらためて検査開始日を決めて検査してください。<br /> 上の表について、生理(月経)開始日の翌日を1日目として、検査開始日を決めてください。<br /> 生理(月経)周期が不規則な方は最近の2~3周期の中で一番短かった周期を目安にして、次回生理(月経)開始予定日を決めてください。<br /> <br /> *検査のしかた<br /> 検査開始日から、1日1回、毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。<br /> (過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や、今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには、1日2回検査を行うことで、よりLHサージをとらえやすくなります。)<br /> [検査の手順]<br /> 個包装を検査直前に開封し、テストスティックを取り出してください。<br /> 1.キャップを後ろにつける<br /> 2.尿を2秒かける<br /> ※5秒以上かけないでください。<br /> ※紙コップ等を使用する場合は乾いた清潔なものを用い、採尿部全体が浸るように2秒つけてください。<br /> 5秒以上はつけないでください。<br /> 3.キャップをして、平らな所に置いて5分待つ<br /> ※10分を過ぎての判定は避けてください。<br /> <br /> *判定のしかた<br /> Step1 尿量確認ラインがきちんと出ているか確認しましょう。<br /> ※尿量確認ラインが出ていない場合は、正しく検査が行われていない可能性がありますので、別のテストスティックで再検査してください。<br /> ※色の濃さに関係なく、たとえ薄くても尿量確認ラインが出ていれば、正しく検査ができています。<br /> Step2 判定窓の【判定】ラインと【基準】ラインの濃さを見比べて、陽性・陰性を判定してください。<br /> ※検査キットの判定部を以下のように判定してください。<br /> 初めて陽性になったときが、LHサージが検出されたということであり、間もなく排卵がおこるというしるしです。<br /> ※【基準】ラインが尿量確認ラインより薄くても問題ありません。<br /> 判定は【基準】ラインの濃さと【判定】ラインの色を比較し、行ってください。<br /> ○陽性<br /> 【基準】ラインに比べて、【判定】ラインが濃い、もしくは同等の濃さのとき。<br /> ・陽性が出たら<br /> LHサージが検出されました。<br /> 間もなく排卵がおこると予測されます。<br /> 初めて陽性になった日か、その翌日が最も妊娠しやすい時期(排卵日)です。<br /> ○陰性<br /> 【基準】ラインに比べて、【判定】ラインが薄い、もしくは出ないとき。<br /> ・陰性が出たら<br /> LHサージが検出されませんでした。<br /> 翌日以降もほぼ同じ時間帯に陽性になるまで検査を続けてください。<br /> ○再検査<br /> 尿量確認ラインと【基準】ラインの少なくとも一方が出ないとき。<br /> その場合は新しいテストスティックを用いて、再検査してください。<br /> <br /> ※未開封のテストスティックは次回以降の検査に使用してください。(ただし、使用期限内にお使いください。)</p>
https://web.sinseido.co.jp/upload/save_image/4987241147212_m_5ea9e5cd9f3e6.jpg
ヘルスケア
医薬品類
検査薬
排卵日予測検査薬
2565
<p>一般用検査薬<br /> 排卵日予測検査薬<br /> 一般用黄体形成ホルモンキット<br /> <br /> 排卵日を事前に把握することの重要性<br /> 妊娠は卵子と精子が互いに生存している時期に出会うことから始まります。女性の体内での精子の生存期間が約2~3日であるのに対し、卵子は排卵後、約24時間しか生存しないといわれています。従って、排卵の前又は直後の性交が最も妊娠しやすく、妊娠を望む上で排卵日を事前に把握することはとても大切なことです。<br /> <br /> 排卵日がわかるしくみ(測定の原理)<br /> 黄体形成ホルモン(LH)は、女性ホルモンの一種で、普段から少量分泌されています。生理(月経)周期の中頃に短期間ですが、このLHの分泌量が急激に増加します。このLHの大量分泌をLHサージといい、LHサージから約40時間以内に排卵がおこるといわれています。「ドゥーテストLHII」は尿中に分泌されるLHを検出し、LHサージをとらえるための検査薬です。排卵を予測するための方法の一つとして基礎体温が知られていますが、基礎体温と併せて検査を行うと、より排卵日の予測の補助として有用です。<br /> <br /> この検査薬は、LHサージを検出するもので、排卵を確認するわけではありません。6周期検査し、適切な時期に性交しても妊娠しない場合は、医師の診療を受けてください。<br /> <br /> 妊娠しやすい時期とは?<br /> 女性の体内では色々なホルモンが分泌されていますが、その中で排卵を引きおこすのが黄体形成ホルモン(LH)です。LHは普段から少量分泌されていますが、排卵前に分泌量が急激に増加します。(これをLHサージと呼びます。)<br /> 「ドゥーテストLHII」はこの尿中LH濃度の変化をとらえて、妊娠しやすい時期(排卵日)を事前に予測する検査薬です。<br /> 使用目的<br /> 尿中の黄体形成ホルモン(LH)の検出(排卵日予測の補助)<br /> キットの内容・成分・分量・検出感度<br /> 【内容】テストスティック1本中<br /> 成分・・・分量<br /> 金コロイド標識抗黄体形成ホルモン・モノクローナル抗体(マウス)・・・3.68&mu;g<br /> 抗黄体形成ホルモン・モノクローナル抗体(マウス)・・・0.49&mu;g<br /> 抗マウスIgG・ポリクローナル抗体(ウサギ)・・・0.49&mu;g<br /> 【検出感度】30mIU/mL<br /> 使用方法<br /> [検査のタイミング]<br /> ご自分の生理(月経)周期から換算して、次の生理(月経)開始予定日の17日前から検査を開始してください。<br /> ※すでに検査開始日を過ぎてしまった場合は、次の周期にあらためて検査開始日を決めて検査してください。<br /> 上の表について、生理(月経)開始日の翌日を1日目として、検査開始日を決めてください。<br /> 生理(月経)周期が不規則な方は最近の2~3周期の中で一番短かった周期を目安にして、次回生理(月経)開始予定日を決めてください。<br /> <br /> *検査のしかた<br /> 検査開始日から、1日1回、毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。<br /> (過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や、今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには、1日2回検査を行うことで、よりLHサージをとらえやすくなります。)<br /> [検査の手順]<br /> 個包装を検査直前に開封し、テストスティックを取り出してください。<br /> 1.キャップを後ろにつける<br /> 2.尿を2秒かける<br /> ※5秒以上かけないでください。<br /> ※紙コップ等を使用する場合は乾いた清潔なものを用い、採尿部全体が浸るように2秒つけてください。<br /> 5秒以上はつけないでください。<br /> 3.キャップをして、平らな所に置いて5分待つ<br /> ※10分を過ぎての判定は避けてください。<br /> <br /> *判定のしかた<br /> Step1 尿量確認ラインがきちんと出ているか確認しましょう。<br /> ※尿量確認ラインが出ていない場合は、正しく検査が行われていない可能性がありますので、別のテストスティックで再検査してください。<br /> ※色の濃さに関係なく、たとえ薄くても尿量確認ラインが出ていれば、正しく検査ができています。<br /> Step2 判定窓の【判定】ラインと【基準】ラインの濃さを見比べて、陽性・陰性を判定してください。<br /> ※検査キットの判定部を以下のように判定してください。<br /> 初めて陽性になったときが、LHサージが検出されたということであり、間もなく排卵がおこるというしるしです。<br /> ※【基準】ラインが尿量確認ラインより薄くても問題ありません。<br /> 判定は【基準】ラインの濃さと【判定】ラインの色を比較し、行ってください。<br /> ○陽性<br /> 【基準】ラインに比べて、【判定】ラインが濃い、もしくは同等の濃さのとき。<br /> ・陽性が出たら<br /> LHサージが検出されました。<br /> 間もなく排卵がおこると予測されます。<br /> 初めて陽性になった日か、その翌日が最も妊娠しやすい時期(排卵日)です。<br /> ○陰性<br /> 【基準】ラインに比べて、【判定】ラインが薄い、もしくは出ないとき。<br /> ・陰性が出たら<br /> LHサージが検出されませんでした。<br /> 翌日以降もほぼ同じ時間帯に陽性になるまで検査を続けてください。<br /> ○再検査<br /> 尿量確認ラインと【基準】ラインの少なくとも一方が出ないとき。<br /> その場合は新しいテストスティックを用いて、再検査してください。<br /> <br /> ※未開封のテストスティックは次回以降の検査に使用してください。(ただし、使用期限内にお使いください。)</p>
10
【第1類医薬品】ドゥーテストLHII 7回分
  • 定期購入品

1人がお気に入り登録しています。

2,821 円 (税込)
通常価格: 2,970 円
商品コード: 4987241147212

商品詳細・使用上の注意

一般用検査薬

排卵日予測検査薬

一般用黄体形成ホルモンキット



排卵日を事前に把握することの重要性

妊娠は卵子と精子が互いに生存している時期に出会うことから始まります。女性の体内での精子の生存期間が約2~3日であるのに対し、卵子は排卵後、約24時間しか生存しないといわれています。従って、排卵の前又は直後の性交が最も妊娠しやすく、妊娠を望む上で排卵日を事前に把握することはとても大切なことです。



排卵日がわかるしくみ(測定の原理)

黄体形成ホルモン(LH)は、女性ホルモンの一種で、普段から少量分泌されています。生理(月経)周期の中頃に短期間ですが、このLHの分泌量が急激に増加します。このLHの大量分泌をLHサージといい、LHサージから約40時間以内に排卵がおこるといわれています。「ドゥーテストLHII」は尿中に分泌されるLHを検出し、LHサージをとらえるための検査薬です。排卵を予測するための方法の一つとして基礎体温が知られていますが、基礎体温と併せて検査を行うと、より排卵日の予測の補助として有用です。



この検査薬は、LHサージを検出するもので、排卵を確認するわけではありません。6周期検査し、適切な時期に性交しても妊娠しない場合は、医師の診療を受けてください。



妊娠しやすい時期とは?

女性の体内では色々なホルモンが分泌されていますが、その中で排卵を引きおこすのが黄体形成ホルモン(LH)です。LHは普段から少量分泌されていますが、排卵前に分泌量が急激に増加します。(これをLHサージと呼びます。)

「ドゥーテストLHII」はこの尿中LH濃度の変化をとらえて、妊娠しやすい時期(排卵日)を事前に予測する検査薬です。

使用目的

尿中の黄体形成ホルモン(LH)の検出(排卵日予測の補助)

キットの内容・成分・分量・検出感度

【内容】テストスティック1本中

成分・・・分量

金コロイド標識抗黄体形成ホルモン・モノクローナル抗体(マウス)・・・3.68μg

抗黄体形成ホルモン・モノクローナル抗体(マウス)・・・0.49μg

抗マウスIgG・ポリクローナル抗体(ウサギ)・・・0.49μg

【検出感度】30mIU/mL

使用方法

[検査のタイミング]

ご自分の生理(月経)周期から換算して、次の生理(月経)開始予定日の17日前から検査を開始してください。

※すでに検査開始日を過ぎてしまった場合は、次の周期にあらためて検査開始日を決めて検査してください。

上の表について、生理(月経)開始日の翌日を1日目として、検査開始日を決めてください。

生理(月経)周期が不規則な方は最近の2~3周期の中で一番短かった周期を目安にして、次回生理(月経)開始予定日を決めてください。



*検査のしかた

検査開始日から、1日1回、毎日ほぼ同じ時間帯に検査をしてください。

(過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や、今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには、1日2回検査を行うことで、よりLHサージをとらえやすくなります。)

[検査の手順]

個包装を検査直前に開封し、テストスティックを取り出してください。

1.キャップを後ろにつける

2.尿を2秒かける

※5秒以上かけないでください。

※紙コップ等を使用する場合は乾いた清潔なものを用い、採尿部全体が浸るように2秒つけてください。

5秒以上はつけないでください。

3.キャップをして、平らな所に置いて5分待つ

※10分を過ぎての判定は避けてください。



*判定のしかた

Step1 尿量確認ラインがきちんと出ているか確認しましょう。

※尿量確認ラインが出ていない場合は、正しく検査が行われていない可能性がありますので、別のテストスティックで再検査してください。

※色の濃さに関係なく、たとえ薄くても尿量確認ラインが出ていれば、正しく検査ができています。

Step2 判定窓の【判定】ラインと【基準】ラインの濃さを見比べて、陽性・陰性を判定してください。

※検査キットの判定部を以下のように判定してください。

初めて陽性になったときが、LHサージが検出されたということであり、間もなく排卵がおこるというしるしです。

※【基準】ラインが尿量確認ラインより薄くても問題ありません。

判定は【基準】ラインの濃さと【判定】ラインの色を比較し、行ってください。

○陽性

【基準】ラインに比べて、【判定】ラインが濃い、もしくは同等の濃さのとき。

・陽性が出たら

LHサージが検出されました。

間もなく排卵がおこると予測されます。

初めて陽性になった日か、その翌日が最も妊娠しやすい時期(排卵日)です。

○陰性

【基準】ラインに比べて、【判定】ラインが薄い、もしくは出ないとき。

・陰性が出たら

LHサージが検出されませんでした。

翌日以降もほぼ同じ時間帯に陽性になるまで検査を続けてください。

○再検査

尿量確認ラインと【基準】ラインの少なくとも一方が出ないとき。

その場合は新しいテストスティックを用いて、再検査してください。



※未開封のテストスティックは次回以降の検査に使用してください。(ただし、使用期限内にお使いください。)


最近の商品閲覧履歴

閲覧履歴が
ございません。